【RTA】SpeedRun界隈の「Any%」の意味とは?

英語圏のRTA(リアルタイムアタック)であるSpeedRun。

そんなSpeedRunのレギュレーションで、最も見かけるであろう「Any%」という言葉。

結論から言えば、「なんでもあり」を意味します。

ぼく

マジでなんでもあり

「エンディングを見れればなんでもあり」の意味

SpeedRunのレギュレーションにおいて、「Any%」とある場合は、「とにかく早くエンディングを見る」ことを指します。

思った以上になんでもありで、ゲームの技術を競うのではなく、バグ見つけ大会のようになってしまうことも。

達成率不問

「Any%」そのものの意味は、「達成率不問」。

Anyは、英語において、「どれでも」「全部」といったニュアンスで使われる単語です。

それに%が付くので、「プレイ内容はどうでも良いからエンディングを見せろ」となります。

あまりに台無しなバグは名指しで禁止されることも

基本的には「Any%」が最も盛んなSpeedRun界隈ですが、あまりにゲームを台無しにするバグ(Glitch)は禁止されることもあります。

「エンディング呼び出し」のようなバグを利用するゲームが多いでしょうか。

ただ、その場合でも、「No[バグの名前]」や、「glitchless」と指されることがほとんど。

日本のRTAのように、ゲームごとにレギュレーションが変わってわかりにくい、ということはありません。

ぼく

これは台無しなバグの例。個人的にはこういうの大好き