ACOSブランドレビュー

この記事では、アニメイト擁する版権衣装ブランド「ACOS(アコス)」についてまとめています。

衣装の品質やコストパフォーマンス、主なターゲット層などの解説が主。

正式名称は、「アニメイトコスチューム館」だそうです。

ぼく

女性のコスプレイヤーさんにおすすめなブランドです

基本情報

サイズ展開
S / M / L / XL / XXL
メンズL(女性キャラ衣装)
価格帯(一式)
8,000 ~ 25,000円
中古相場
新品の30~50%程度
姉妹ブランド
  • ACOS
  • コアデ
メインジャンル
  • アニメ
  • 乙女ゲー

コスプレイヤー向けの高品質衣装

Acosはコスプレをするすべての皆さんを全力でサポートします

版権元様に認められた高品質な商品なので、型やカラ―など、設定どおり忠実に再現されています。

ACOSでは、主に「コスプレイヤー向け」の衣装を取り扱っています。

イベントや撮影などで重要なところはしっかりこだわりつつ、適度に妥協を織り交ぜることで、高品質の衣装を安価で提供しています。

見栄えの良いシルエット

ACOS製衣装は、シルエットの美しさが特徴。

キャラクターの衣装をそのまま三次元におこしたような、スマートなシルエットは印象深いものです。

元の衣装デザインがハイウェストなこともおおいので、スラっとスリムに見えるのもうれしいところ。

着た時に「キャラらしさ」が見える

シルエットの再現性が高いので、自ずとキャラクターの再現度も高くなります。

「読者はキャラをシルエットで判断している」とは、マンガ業界で良く聞く話。

ただ、三次元っぽさはそぎ落とされているので、生半可なメイクだと浮いてしまうかもしれません。

布の質は中の上

衣装に使われている布は、しなやかで質の高いもの。

コスプレっぽさを感じることはありません。

ぼく

本物の制服と比べると織りこみが少ないかな?程度

「本物っぽさ」より「着易さ」「見た目」を優先

布地の選択は、本物っぽさよりも、着易さや見た目の再現度を優先しています。

一部衣装は、触った時に違和感を感じるものもあるかも。

例えば、ランカ・リー(マクロスF)の黒うさぎ衣装なんかは、背面リボンにおけるピンクの裏地がシャカシャカした生地。ほぼ同じ構造の、白うさぎシェリルも同様の素材ではないでしょうか。

ぼく

あのデカリボンはしっかりした布だったら重すぎる

裏地は無いものも多い

ACOS製の衣装、布地の質こそ高いのですが、裏地は無いものも多いです。

夏服や半そでなどはまだ良いのですが、「どっしりした服」にも裏地が無いのは気になるかも。

例えば、ラブライブ!サンシャイン!!の浦の星女学院制服は、冬服にも裏地がありませんでした。

まどか☆マギカの杏子には裏地があったので、デザインやシルエットとして必要な衣装にのみ裏地を用意しているようです。

細部の表現は妥協

シルエットや布の質が良い反面、細部の表現は妥協してあります。

特に、金属加工などのコストがかかる部分は、汎用品を活用していたり。

金属ボタンは全衣装共通

制服ブレザーなどの金属っぽいボタンは、全衣装共通の「平たい丸ボタン」です。

撮影などではあまり気になりませんが、インテリアとして購入すると、少し残念な気分になるかも。

構造よりも見た目を優先

魔法少女まどか☆マギカ 市立見滝原中学校制服/女子の前面ファスナー構造

衣装の構造も、布地と同じく、正確さより見た目を優先しています。

中にはまどか☆マギカの制服ジャケットなど、本来重ね着であるものを、1枚にしているものも。

スポンサードリンク

コストパフォーマンスは高い

acos製衣装の価格

ACOS製衣装の評価としては、やはり「コストパフォーマンスの高さ」が目立ちます。

高品質な撮影映えする衣装が、版権ライセンスや監修付きで、業者衣装と同じ価格帯なのはやはり破格。

高くても2万円代

ACOSの価格帯は、高くても2万円代に抑えられています。

2万円を超えるものすら、衣装の構造が複雑なものくらいで、中には上下併せて1万円以下のものも。

中古でも値崩れしにくい

ACOS製衣装は、中古でも大きな値崩れをおこしにくい印象があります。

中古市場での流通価格は、定価があまり影響せず、ジャンルの人気だけでほぼ決まっているようです。

特に艦隊これくしょんの「島風」など、男女両方からの人気が高い衣装は、ほぼ定価での流通を多く見かけます。それで取り引きが成立してたり。

女性をターゲットとしたブランド

ACOSの主なターゲット層は、「女性コスプレイヤー」です。

バリエーションの多い類似衣装などが多く、併せなどをする際には、デザインやシルエットの統一化がしやすいのかな、と。

アニメや乙女ゲー作品が主

ACOSが取り扱う衣装は、主にアニメや乙女ゲーム作品のもの。

露骨に女性向けアニメのみの取り扱い、というほどではありませんが、アニメも女性人気の高いものを取り扱う傾向にあります。

美少女コンテンツ関連の衣装も同様で、「ラブライブ!」などの女性レイヤー人気が高そうなジャンルはとりあえず網羅されている感じ。

イベント映えしますし、併せも気軽にできますし。

胸つぶしなども販売

ACOSのBホルダー

女性向けブランドであることを象徴するものとして、バストホルダー(胸つぶし)の取り扱いがあります。

女性が男性キャラのコスプレをする際、胸を目立たなくするアレですね。

サポートアイテムの販売は「コアデ」

胸つぶしやメイク用品など、特定キャラクターに関するものではない商品は、「コアデ」というブランドから販売されています。

コアデもアニメイトのグループ企業ですので、ACOS商品と捉えて差し支えはありません。

スポンサードリンク

M/L以外のサイズは一部商品のみ

ラブライブ!サンシャイン!! 浦の星女学院制服(冬服)のサイズ展開

豊富なサイズ展開を誇るACOSですが、MとL以外のサイズは、一部商品のみでの展開です。

XL・XXL・メンズLは、前述のラブライブ!や艦隊これくしょんなど、男性人気の強いものに多い傾向。

Sサイズは、ジャンル規模の大きい衣装にのみ用意されているような印象ですね。

衣装作成にあたり、サイズごとに型紙を作らなければならないので、展開をあえて少なくすることで値段を抑えているのでしょう。

公式取り扱い店舗

通販 ACOS公式サイト
北海道
ACOS 札幌
宮城
ACOS 仙台
新潟
ACOS 新潟
東京
  • ACOS 池袋本店
  • ACOS 秋葉原
神奈川
ACOS 横浜
愛知
ACOS 名古屋
大阪
ACOS 大阪日本橋
広島
ACOS 広島
福岡
ACOS 福岡天神