f:id:hkmy:20171116041141j:plain

コスプレ衣装の中古通販やフリマアプリなんかを見ていると、何かと目に付く「メーカー」や「製造ブランド」。

試着どころか、現物の確認すらできない通販において、最も信頼できるポイントでしょう。

ただ、コスプレ衣装に関する情報って、Webに案外無かったりする。

なんなら、メーカー自体がつぶれちゃって、調べてみてもどういうブランドなのか判らないことも多いです。

今回は、自分のメモも兼ねて、衣装メーカーをまとめてみようと思います。


版権衣装メーカー

コスプレ衣装を製造する業者の中でも、公式に版権ライセンスを取得しているメーカーの一覧です。

作者やスタッフから監修を受けられるため、「本物」と言っても過言ではないでしょう。

著作権的にも安心ですが、手間がかかっているので、その分お値段もちょっとお高め。

どうせライセンス代を含めるなら、ということで、素材や裁縫にもお金をかけてこだわっているところが多いです。

中古での購入を視野に入れるなら、基本的には公式品がおすすめ。

COSPATIO(コスパティオ)

COSPATIO(コスパティオ)は、1995年開業、日本屈指の老舗衣装製作業者です。

コスパは1995年5月に日本初のコスプレ衣装メーカー『株式会社コスチュームパラダイス』として創業し、その3年後1998年2月に『株式会社コスパ』に改称し本格的にアパレル、グッズの企画・開発・販売を開始しました。

コスパ ポータルサイト|COSPA PORTAL SITE

とにかく品質に優れ、

  • 生地
  • シルエット
  • 裁縫

全てが高クオリティ

もはや「洋服」と言えるレベルの品物で、デザインを抜きに考えれば百貨店やショッピングモールに並んでいても違和感無いレベルに仕上がっています。

ただ、他ブランドと比べると、とにかく高価。

実物を手に取ると、値段相応の価値は間違いなくあるのですが、手を出しやすいとは冗談でも言えない感じですね。

基本的には中古でもそこまで安くならないものの、年末年始には毎年福袋を販売。秋葉原本店の店頭で、こっそりセールをしてたりもします。

ちなみに、サイズ展開をリニューアルしており、昔の衣装はサイズ記載が同じでも大きめだったり小さめだったり。

ACOS(アコス)

天下のアニメイト運営、ACOS。

ゴムウェストだったりするので、丁度COSPATIOとTRAnTRIpの中間といった品質イメージでしょうか。

版権取ってますし、公式の監修があったりするからかシルエットが「かなり」良いです。シルエットだけなら、COSPATIOにも肉薄するほど。

裁縫はそこそこで、布もそこそこ。

これでこの値段で売られたら、零細ブランドはそりゃ同じデザインで勝負できないと思います。

コスプレの衣装って刹那的な使われ方をするので、普通のアパレル以上に裁縫や布よりシルエットのが重要ですもんね。

とにかく、ACOSのタグを見たら、品質を信頼して良いと思います。

人気のジャンルですと、中古でもそこまで安くならない印象。

店頭ワゴンなどにセール品が並ぶこともありますが、割引率はゆるめです。

Kiss

Kissは、主にギャルゲーの公式衣装を販売していたブランド。残念ながら、現在は営業していない様子。

Kissも、これまたシルエットが良いです。で、裁縫も良い

生地の質は「悪くない」程度ですが、アクセサリなど、細部のディテールはACOSよりも上

個人的には中古で流れてたら買って良い系のブランドだと思います。

ただ、制服のような「デカいリボン」がある衣装は要注意。

ファンタジーなデカリボンなのに、何故かセーラースカーフみたいな生地1枚でペラっと作っちゃうからちょっとヘニャヘニャしてます。

2.5次元

公式衣装を取り扱っていたWEB販売ブランド。

Kiss同様にギャルゲーメインですが、ACOSレベルに安価です。

2017年の4月に閉店してしまい、衣装も持っていないので詳細は不明。

検索しても「2.5次元」という単語が一人歩きしていて評判すら見れませんが、評判すら見られないということは、すなわちそういうことな気もします。

ただ、公式の版権は取っていましたし、いわゆる「業者製」とされるどこの馬の骨かもわからない衣装を買うよりはよさそう。ヤフオクでも見ないけど。

非常

非常は、クリアストーンの公式ライセンス衣装ブランド。

「クリアストーン」は、プレイ用コスチュームの販売を主に取り扱っているため、あまり良い印象は抱かないかもしれません。そのせいか販売は停止済み。これが勿体無い

品質としては、ACOS程度の高さがあると思います。

衣装にもよるのでしょうが、例えば「緋色の欠片」の女子制服なんかは、ワンピース・トップスともに裏地アリ。シルエットも綺麗ですし、特徴的な袖まわりも自然に出来上がっていました。

WEBに情報があまりにも少ないせいか、「公式である」ことどころか、「非常製」であることすら記載されずに販売されていることも多いです。タグに「非常」の文字が見えたら、実は結構狙い目。

cosmode(コスモード)

cosmodeも、ギャルゲージャンルをメインとして扱う、公式版権コスプレ衣装メーカー。手元に1着も無いので、品質などはわからず。

価格帯としては、ACOSとCOSPATIOの丁度中間くらいでしょうか。

2013年発売のフレラバを「新作ゲーム」と銘打っているので、新作の発売はもう無さそうです。

同じ企業が運営しているフルオーダーでの衣装製作サイトは元気に更新されているので、もしかしたら既存衣装は買えるかもしれません。

ちなみに、コスプレイヤー向け雑誌と名前が完全に被っているせいで、中古衣装はめちゃくちゃ見つけづらいです。検索しても雑誌が出てくる。

非公式ライセンス業者・メーカー

コスプレ衣装を販売する業者には、公式に許可を取っていないものもあります。

ライセンスなどの手間が無いので、公式衣装と比べると、概ね安価で購入できるのが大きな魅力。

公式で衣装を作るとどうしても赤字になってしまう、ニッチジャンルの衣装なんかが充実しているのもありがたいところです。

ただ、言ってしまえばほぼほぼ「違法」なので、訴えられたら即終了。企業が作るとなると、同人とはちょっと理由が違うので……。

COSREVO(コスレボ)

COSREVO(コスレボ)は、昔の「業者」と言われる中では、評判の良かったメーカーの1つ。

布の質が良く、裁縫の質もなかなか。

ただ、肝心のシルエットが寸胴気味で綺麗に出ないのが珠に瑕。

良質な衣装であることにはかわりないのですが……。

2013年ごろの著作権ウェーブで閉店済。

弊社コスレボは2012年6月29日を持ちましてオリジナル衣装の販売を終了させて頂きました。

コスレボ閉店のお知らせ

漫有引力(桜の恋)

「漫有引力」は中国内向けに製造・販売している業者。恐らく、ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル系衣装における最大勢力です。

日本のメーカーはソシャゲ系の衣装を作らないので、どうしても海外の業者頼りになるのですが、その中では高品質だと話題。

「イベントで着れる程度のものが来れば御の字」とされる中国業者において、生地も裁縫も悪くないならそれだけで価値はあるはず。

小物なんかの出来も悪くないですが、ファスナーがYKKだったりするほどではなし。

日本では、「桜の恋」という輸入業者が販売しているブランドの1つです。

BODYLINE(ボディーライン)

BODYLINE(ボディーライン)は、お察し爆安楽天系。いわゆる「お床用」から台頭してきた業者です。

BODYLINE

楽天の直営通販サイトでも高くて5,000円台という、圧倒的な安さが特徴。

CCさくらとか、これで4,000円ですもん。布の量すっげぇ。

f:id:hkmy:20171116035335j:plain

▲まさかのインナーまでワンピース

さて、お床イメージが強すぎてあまり良い印象は無いのですが、正直「値段の割に品質は良い」です。

お床にしちゃ出来良すぎじゃない?って感じ。

生地も及第点だし、裁縫も僕が見た限りでは劣悪ってワケでもなく。コストパフォーマンスには間違いなく優れています。

HEAL-ALL(ヒールオール)

HEAL-ALLは、「現役コスプレイヤー監修」を謳った非公式業者。

撮影やイベントに特化している印象で、シルエットが良く、値段も手ごろな反面、裁縫に良い印象はあまりありません。

何着も手元にあるわけではないので、偶然ハズレを引いているだけだったりする可能性は十分アリ。

コストモ(Costomo)

公式サイトのオシャレさが印象深いCostomo。「D」の文字が印刷された発送用ダンボールも記憶に残ります。

高級感漂う印象ですが、価格は概ね他業者と変わらず、「そこそこ安い」といったところ。

刀剣乱舞やあんさんぶるスターズの印象が強く、女性をターゲットにした業者というイメージですね。

美少女コンテンツ系も、ラブライブ!やらセーラームーンとかの「女性人気高め」なところにフォーカスあててますし。

著作権的にやべぇ自覚があるのか、ジャンル名を濁しているので、Googleなどで「ジャンル コスプレ」と検索してもヒットしない点には注意。

KOSEYA(旧COSYA)

いかにも「業者」といったイメージのKOSEYA。元は「COSYA」という名で運営されており、衣装販売業者としての歴史はそこそこ長いようです。

公式サイトの、ぎゅっと詰め込んだ、なんとも言えないバーゲン感が印象的ですね。

ソシャゲジャンルに強く、アイドリッシュセブンやFGOなんかが有名な感じ。とはいえ、いろいろ手を出しているようで、ジャンルの豊富さには一目置かざるをえません。

値段の手ごろ感は強いものの、実物を確認していないのでコストパフォーマンスに関してはわからず。

スポンサードリンク

個人サークル製

コスプレ衣装界隈には、同人サークルとして製作する個人の方も多くいらっしゃいます。

中には、タグを良く見かけるような大御所も多数。

cocosilver

ヤフオク!などで販売していた個人の方だったはず。

この時代は正直わかりません。情報募集中。

個人製作の割に裁縫はなかなかで、シルエットも版権メーカーほどじゃないにしろ悪くない。

また、小物のディテールはかなり良い感じです。

布地も必要とあらば高級感のあるものを使っています。

ただ、シャツとかはちょっと薄手なので、モノによっては透け対策が要るかも。

小物に関しても、ディテールにこそ優れるものの耐久性は少し残念。

ということで、日本の版権製品と比べると流石に劣ります。

が、品質はかなり高い方だと思います。

むしろ細部のデザインにまでこだわるのであれば、ACOSより良いまであるかも。

好みの問題ですね。

Rua

韓国の個人サークル。

公式ブログ

質が良いとは聞きますし、ヤフオクでたまに見ても高額だったりするのでモノは良いはず。

ただ、値段相応の質があるかどうかは現物を見たこともないので不明です。

現在は販売していないため、確認のしようもない感じ。

中古市場にあまり流通しない、ということは、手放したくなくなる程度の衣装ではあるのかな。

おさかなまんぼう

おさかなまんぼうは、日本のサークル。

おさかなまんぼう

こちらも「品質が良いとお噂はかねがね伺っておりますが……」系。現物を見たことはありません。

数年前の2chで評判がよく、たまに見かける衣装が高額で取引されている以上、悪いということはないはず。

複数人で運営している、まさに「サークル」という形態のようで、タグに作者の個人名が入ってたりするのは確認済み。

BLUE ROSE(旧coslala)

「旧」coslalaとしたものの、リニューアル後のBLUE ROSE自体が営業終了ずみ。

詳細不明な質が良いとは聞くものの……シリーズ第3弾です。

ただ、衣装が中古市場に出回ると、大抵「BLUEROSE製」「coslala製」などという文言が付くのを見かけます。

売りになるレベルのブランドであるのは間違いありません。

詳細が不明なので「個人サークル」項に入れましたが、実際のところは不明。ご存知の方がいらっしゃいましたら、お問い合わせよりご教示いただけると幸いです。