タガタメにおける『神ガ選ばぬ、革命を』ユニット『ダフネ』のイメージ画像

タガタメにおける『神ガ選ばぬ、革命を』ユニット『ダフネ』の性能について。

新システムの「かばう」を引っさげての登場で、範囲攻撃であろうと物理区分なら周囲の味方を守れるユニットです。

反面、魔法に対してはほぼ無力。キャラ単体で見ると欠片購入不可枠としては少し控えめな印象で、特にアタッカーとしても考える場合、専用念装とのセットが前提かも。

ぼく

通常攻撃が物防依存だったり、かばうの発動自体はオートでもしっかり行ったりと、使いやすいユニットには仕上がっている印象

ダフネの性能・ステータス

タガタメにおけるダフネのお知らせ画像

属性 水属性
ジョブ構成 聖盾の錬金術師(固有)
聖縛のヴァルキリー
ホーリーナイト【アーク】
リーダースキル 【水属性】
HP50%
物防30%
打撃攻撃力20%
所属 エンヴィリア
ぼく

サブジョブは物防サポアビ特化

固有ジョブ「聖盾の錬金術師」の詳細

射程 1
Move 4
初期ジュエル 40%?
通常攻撃 物防参照
盾乙女技(ジョブ固有技) アビリティ内容
「影護」カラコール 移動後3ターン自身に物理攻撃によるダメージを軽減するシールドを張る
[移動範囲:菱形4マス,高低差:3]
「集力」エシュロン 敵に自身の物防が高いほど強力な打撃攻撃&ジュエルを吸収&2ターン自身の物防大幅アップ
[射程:4,高低差:2]
「天蓋」ハーフムーン 3ターン自身を中心とした範囲内の味方への物理ダメージをかばう(かばう範囲:菱形3マス,かばう高低差:2)&自身の範囲攻撃耐性アップ
[範囲:菱形3マス,高低差:2]
「破蒼」テルシオ 敵に自身の物防が高いほど強力な水属性の打撃攻撃&沈黙効果&発動前に3ターン打撃耐性・リアクション発動率ダウン
[射程:1,高低差:2]
【バベル戦技】
「誓防」ファランクス
1ターン自身に強力なHP自動回復効果&全防御・全状態異常耐性大幅アップ
基本盾乙女技(付け替え技) アビリティ内容
盾乙女の宣戦 範囲内の敵に憤怒効果
[射程:4,範囲:正方形1マス,高低差:2]
霊威解放 1ターン自身を中心とした範囲内の敵の物攻ダウン&消費ジュエル大幅増加
[範囲:正方形3マス,高低差:2]
「輝蒼」クレインウィング 自身を中心とした範囲内のに自身の物防が高いほど強力な水属性の打撃攻撃&対象が状態異常の場合威力アップかつ3ターン全攻撃ダウン
[範囲:正方形1マス,高低差:2]
リアクション アビリティ内容
「妨盾」トレイル 物理攻撃に対し先制で3ターン対象の物攻・範囲攻撃力ダウン&自身の範囲攻撃耐性アップ(5回まで重複可)&スキル攻撃にも発動
[射程:6,高低差:2]
サポート アビリティ内容
紫炎の務め マップ出現後2ターンマップ全域の味方への物理ダメージをかばう(かばう範囲:菱形3マス,かばう高低差:2)&自身の範囲攻撃耐性アップ
[範囲:マップ全体,高低差:無制限]
ぼく

「これだけ撃ってりゃ強い」みたいなアビは無し。サポアビこそインチキ臭いものの、神革のわりには回りくどい効果が多め?

真理開眼の内容(公式)

タガタメにおけるダフネの開眼内容

ぼく

実装時は怠惰までの開眼。嫉妬で魔防の方が上がるのも謎だし、内容も投げやりな感じ。

各Lvごとのステータス(公式)

タガタメにおけるダフネの公式お知らせステータス

【新ユニット】聖盾の錬金術師『ダフネ』登場!真理開眼ステータスもご紹介!

トップレベルの防御ステータス

ダフネのステータスを見ると、やはり目に付くのはその高い物防。

物防は刻印2枠で+10%できるので、攻撃と比べて盛りやすい傾向にあります。

サポアビで物防を大きく強化していることから、武具や刻印の効果もその割合分さらに大きくなりますし、ステータス画面での最終値は2,100くらいに。

素早さに関しては、「かばう」を主軸に考えるなら長持ちするので低くてもアリ。反面サブアタも兼任するならもうちょっと盛りたいかな?といった印象で、運用によって評価が変わります。

ぼく

ただ、サポアビに「紫炎の務め(出現時かばう)」をセットしていないので若干詐欺気味。実用スペックは物防1,900程度になることが多いかも?

専用真理念装『乙女は引かず、盾は輝く』性能

タガタメにおけるダフネの専用真理念装『乙女は引かず、盾は輝く』性能

タガタメにおけるダフネの専用真理念装『乙女は引かず、盾は輝く』開眼時の性能

グループスキル名 ステータス(lvl40)
エンヴィリアの堅霊 【対象】エンヴィリア出身&リル
物防デバフ軽減+38
始祖の天鈴 【対象】神革錬金術師勢(ダークファントム除く)&リル
死の宣告耐性+52
託された盾 【対象】ダフネ&リル
HP上限+640
物防+96
範囲攻撃耐性+16
【限界到達】消費ジュエル-5(固定値)
VA アビリティ内容
護神アクアライト 範囲内の対象に自身の物防が高いほど強力な水属性の打撃攻撃&必中
[射程:2,範囲:幅3マスの直線,高低差:2]
※限界到達で消費ジュエル減少、威力も上昇
インビジブルフォース 披ダメージ時に永続で物防アップ&消費ジュエル軽減(3%/回、10回まで重複可)

ダフネの専用念装は、ダフネの火力を大きく支える強力なもの。

2つあるビジョンアビリティがどちらも強力で、特に「かばう」による披ダメージ機会の多いダフネとしては、それを条件とする累積強化は低倍率でも好相性。

ダフネは範囲攻撃に乏しいキャラなので、もう一方のアクアライトも地味ながら重宝しますし、なんなら完凸後はダフネの最高倍率アビリティに。

グループスキルも有用で、物防や耐性などダフネの耐久を強くサポート。

また、限界到達後は累積アビリティによって消費ジュエルが軽減されたところにさらに-5の補正が入ります。

割合としては大幅な省エネになり、立ち回りに大きな余裕が生まれるはずです。

ビジョンクリア報酬『盾乙女の髪飾り』の性能

タガタメにおけるダフネ専用念装のビジョンクリア報酬『盾乙女の髪飾り』の性能

装備ステータス 物防+100
素早さ+10
打撃攻撃力+10
範囲攻撃耐性+15
武具アビ アビリティ内容
名称不明 自身が致死ダメージを受けても1度だけ生存&発動するまで魔法以外の区分耐性アップ

ダフネは、念装のみならずそのビジョンクリア報酬も必須レベルの性能。

まずステータスが優秀の一言で、破格の物防値に加えて区分攻撃力も+10。

素早さ+10も武具としてのおよそ理論値で、高い範囲耐性に加算される+15も優秀……と4ステ上昇ながら無駄が一切ありません。

また、ガッツの発動まで披ダメージを割合軽減する武具アビリティも使い勝手に優れるもの。

実質「HPの上昇」と「治癒力増加」を同時に受けるようなもので、いわば効果も「HPが0になるまで続く」訳ですから、耐久へのアプローチとしてはかなり優秀かなと。

ぼく

物防+100ながらアクセ枠で、月星やら竜神の闘着やらと併用可能

物理攻撃から味方を守るサブアタッカー

ダフネを一言で表すなら、味方への物理攻撃を捌きながら堅実にダメージも稼げるサブアタッカー。

一度かばってしまえば数ターン自由に動けるので、ゲーム中トップクラスの物防から繰り出される防御依存攻撃によって火力にも貢献できます。

また、念装があれば長期戦適性が格段に上昇。

打撃耐性の低下をからめつつ、一般アタッカーユニットには勝るとも劣らない火力を出せる点から、ボスバトルなどでの活躍も期待できるようになります。

物防ステータスに依存する通常攻撃

ダフネの通常攻撃は、自身の物防を参照してダメージを算出します。

攻撃力の低い壁キャラでありながら、ジュエル回収ターンも無駄にならないのは地味に嬉しいポイント。

ステータスも高いので、ダメージ源として馬鹿になりません。

ぼく

いそうでいなかったやつ。もはや物攻は上げる意味が無いんで、刻印は両方器用とかが理想に。

味方へのダメージを一手に引き付ける「かばう」

「天蓋」ハーフムーン 3ターン自身を中心とした範囲内の味方への物理ダメージをかばう(かばう範囲:菱形3マス,かばう高低差:2)&自身の範囲攻撃耐性アップ
[範囲:菱形3マス,高低差:2]
紫炎の務め マップ出現後2ターンマップ全域の味方への物理ダメージをかばう(かばう範囲:菱形3マス,かばう高低差:2)&自身の範囲攻撃耐性アップ
[範囲:マップ全体,高低差:無制限]

ダフネの代名詞と言えば、『「天蓋」ハーフムーン』による物理かばう効果。

発動後は、菱形3マス範囲内であれば範囲攻撃であろうと全ての物理ダメージをダフネが引きつけます。

また、サポートアビリティに『紫炎の務め』をセットすれば、ターン消費なしに2ターンの間かばう効果を適用可能。

即死級の範囲ダメージが初手飛んでくるようなクエストが出てきても、ダフネの犠牲だけで突破できるのは他タンクキャラに無い魅力かなと。

ぼく

菱形4マス射程の移動技があるとはいえ、かばう範囲自体は菱形3マスな点に注意。流石にマップ全域かばったりはできないようで。

圧倒的な範囲攻撃耐性

「妨盾」トレイル 物理攻撃に対し先制で3ターン対象の物攻・範囲攻撃力ダウン&自身の範囲攻撃耐性アップ(5回まで重複可)&スキル攻撃にも発動
[射程:6,高低差:2]
「天蓋」ハーフムーン 3ターン自身を中心とした範囲内の味方への物理ダメージをかばう(かばう範囲:菱形3マス,かばう高低差:2)&自身の範囲攻撃耐性アップ
[範囲:菱形3マス,高低差:2]

ダフネは、非常に高い範囲攻撃耐性を持つユニット。

6マス射程の先制耐性アップリアクションやかばうの追加効果を始め、怠惰アビの+20%や、ガチャとはいえ念装の+16%、またそのビジョンクリア報酬の+15%など様々な要素で範囲ダメージを軽減できます。

その耐性値は50%をゆうに超えますから、多数の味方が巻き込まれるような状況でかばっても、ダフネのみの犠牲に抑えられるどころか耐えられるような場面まで多いはず。

また、魔法は範囲攻撃のものが多いので、かばうことこそできませんが披ダメージ自体は大きく抑えることが可能です。

ぼく

使ってると「魔防の割に耐えるやん?」ってなるやつ

一線アタッカー級の火力

「集力」エシュロン 敵に自身の物防が高いほど強力な打撃攻撃&ジュエルを吸収&2ターン自身の物防大幅アップ
[射程:4,高低差:2]
「破蒼」テルシオ 敵に自身の物防が高いほど強力な水属性の打撃攻撃&沈黙効果&発動前に3ターン打撃耐性・リアクション発動率ダウン
[射程:1,高低差:2]
「輝蒼」クレインウィング 自身を中心とした範囲内の敵に自身の物防が高いほど強力な水属性の打撃攻撃&対象が状態異常の場合威力アップかつ3ターン全攻撃ダウン
[範囲:正方形1マス,高低差:2]
名称不明
(念装アビ)
範囲内の対象に自身の物防が高いほど強力な水属性の打撃攻撃&必中
[射程:2,範囲:幅3マスの直線,高低差:2]
※限界到達で消費ジュエル減少、威力も上昇

ダフネは、圧倒的な物防と多数の物防依存攻撃を兼ね備えたユニット。

一般的な物防依存技が『ここぞの大技』的な位置づけなのに対し、ダフネは息切れするまで撃てるどころか、通常攻撃の代わりにすらなり得るジュエル吸収技まで持っています。

でありながら素の物防はトップアタッカーの物攻級。防御ステータスは攻撃ステータスよりも盛りやすい傾向にありますから、火力としての採用も可能なポテンシャルを秘めています。

ぼく

追加効果も優秀で、どれも火力の出したいコンテンツで特に活躍するような内容だったり。耐性ダウンと条件特効の両立って純アタでもそんな居ないんじゃない?

【念装】長所を大きく伸ばす累積バフ

インビジブルフォース 披ダメージ時に永続で物防アップ&消費ジュエル軽減(3%/回、10回まで重複可)

ダフネの長所は、専用念装があればそのアビリティによってさらに大きく伸ばせます。

「かばう」効果により1ターン複数回の発動も可能な発動条件でありながら、火力・耐久両面に影響を与える物防バフに加え、不足しがちなジュエル回りまで改善するのはとにかく優秀。

一般的なアタッカーと比べ、通常攻撃ターンによるダメージ機会損失が大きい物防依存キャラは、その印象以上に消費ジュエル軽減の恩恵が大きいです。

特にダフネはジュエル吸収技も習得。吸収量はそのままにジュエル消費が減りますから、累積バフの生きる長期戦ですら通常攻撃をせずとも戦えるようになります。

ぼく

トリガーは披ダメージなので魔法ダメージでも発動

【武具】自己クロックアップ可能

ダフネの固有ジョブ『聖盾の錬金術師』は、まごうことなき鈍足ジョブ枠。

鈍足ジョブは恒例として、武具アビリティによるクロックアップが可能な「ワンダークロノス」を装備でき、ダフネもその例外ではありません。

使用回数こそ1回ですが、味方1人を巻き込んだ自己クロックアップが使えるのは単純に便利です。

サポアビで初手かばうを付与すれば、クロックアップを入れるターンも簡単に確保できます。

ぼく

あとは物防2倍ためる付きの『竜神の闘着』なんかも活用しやすいし、相性の良いガチャ武具は少なくない感じ

スポンサードリンク

ダフネの弱い点

  • 装備依存度が高い
  • LSの恩恵を受けづらい
  • オート適性が低い

タンクキャラながら神革ユニット相応の最終スペックを備えたダフネですが、やはり「念装ありき」調整なのは気になるところ。

念装の有無で攻撃性能が大きく変化するだけでなく、ジュエル回りや防御ステータスもそれなりに念装・VC依存。ここぞという場面でのガッツ付与もVC。

また素のステータスこそ高いものの、リーダースキルに「物攻」や「魔攻」を採用する機会がまだまだ多いですから、相対的に火力が低くなりやすいのも気になる点。

強欲開眼が無いので、区分攻撃目的で念装LSに絡めようと思うと今度は専用念装を装備できず、それはそれでキツいジレンマもあります。

あとは味方を範囲内に収めて「かばう」を使ったうえでさらに範囲内に収め続ける……といった手間が必要な点から、オートでは純アタッカーとしての運用が主になってしまうのも勿体無いかなと。

いくらアタッカーとしても戦えるとはいえ、殴るためだけに生まれたようなキャラには劣りますから、純アタ運用ならそっちでよくね?って。

最近は大抵のクエストが「オートでどうするか?」みたいな環境ですし、オート適性が低いのは大きなマイナスポイントでしょう。

ダフネのオススメ刻印

ステータス レアリティ 重要な点
嫉妬【堅牢】 器用さ ★3 打撃攻撃補正
(覚醒ステータス)
怠惰【堅牢】 物防 ★5 物防
色欲【堅牢】 HP ★5 HP
暴食【堅牢】 器用さ ★3 最大ジュエル/ガッツなど
(覚醒ステータス)
憤怒【堅牢】 魔防 ★5 魔防
強欲【堅牢】 素早さ ★5 素早さ

ダフネは武具や念装まで見ても、あまり打撃攻撃補正を伸ばせないキャラクター。

通常攻撃も物防に依存する点を考えると、物攻・器用さともに死にステータスですので、ゼニーでオプションの再抽選ができる★3刻印を使って『打撃攻撃補正』を伸ばすのが費用対効果に優れます。

むしろこちらの物攻に依存した攻撃が存在する以上、物攻は上げれば上げるほど不利になるので、可能ならば器用さの刻印採用が理想。

あとは堅牢3セットで物防を30%上げつつ、怠惰の物防値をしっかり粘れば、アタッカーに肉薄する火力を手に入れられるはずです。

スポンサードリンク

一点狙いをしても後悔はしなさそう

総じて評価するならば、ダフネは200連覚悟で一点狙いをしても後悔はしなさそうなユニット。

キャラ性能もさることながら、新システム「かばう」持ちの『神ガ選ばぬ、革命を』ユニットとして実装されたのがその理由です。

この枠は長らくタガタメの「最高級ユニット」としての位置づけですので、仮にこの先物理かばうユニットが実装されても、その頂点はおよそダフネになるよう調整されるはず。

でもって特殊なシステムなので、接待マップを作ろうと思えばいくらでも作れます。

素でも十分使えるうえに、火力面・耐久面ともに運営側が使わせようと思えば簡単に最適キャラにできる内容なので、手札の対応力を上げるという意味でこれ以上のユニットはそうそう居ないでしょう。

反面、現状のクエストだけを見るなら、絞り限定という枠で考えるとそこまでパッとしないのも事実。

「ダフネが居ないとクリアできない!」なんてクエストは間違っても来ないと思うので、スルーしたらしたで後悔はしないと思います。中途半端に狙って石足りないのが一番アカンやつ。

ぼく

「必要か?」という問いの答えが「はい」でも「いいえ」でもなく「欲しけりゃ引いとけ」な珍しいユニット
カルマの「小さな蛇姫深層」とか、女性縛りの高難度!みたいな場では居ると居ないとで戦略変わりそうだけど……