【タガタメ】メラ(ダークファントムVer.)の性能まとめ!強い点・弱い点を評価解説【誰ガ為のアルケミスト】

恒例となった神革キャラに、ダークファントムVerが新登場。

すでにぶっ飛び調整のメラ。ダークファントム化によるスキル変化内容や、闇メラ自体の強さなどについてまとめています。

メラ(ダークファントムVer.)の性能・ステータス

闇メラのお知らせ画像

属性 水属性
ジョブ構成 怠惰の無刻術師(固有)
暗殺者【宵】
アガルタの召喚師
リーダースキル
(未開眼)
【水属性対象】
HP40%
魔攻20%
CT10%
クロックダウン耐性30%
ぼく

アルカナラットンは相変わらず。固有は通常メラを意識した構成

固有ジョブ「怠惰の無刻術師」の詳細

虚刻技(ジョブ固有技) アビリティ内容
「終局」スロウス 敵に魔法攻撃&ストップ効果
[射程:4,高低差:1]
ジュエル20,詠唱速度360,回数2
「無定」デスペリア 範囲内の敵に対象の最大HP15%分の魔法攻撃(最大ダメージ制限25000)
[射程:4,範囲:十字1マス,高低差:2]
ジュエル28,詠唱速度500,回数2
「時来」アーテル 敵に移動後魔法攻撃&CT半減&3ターン対象のリアクション発動率ダウン
[射程:6,高低差:2]
ジュエル32,即詠唱,回数3
「氷落」スティグマ 範囲内の対象に3連続の水属性魔法攻撃&3ターン物攻ダウン
[射程:4,範囲:菱形2マス,高低差:2]
ジュエル50,即詠唱,回数3
【バベル戦技】
「氷極」アポストロフィ
範囲内の対象に水属性の魔法攻撃&対象がクロックアップ状態の場合ストップ効果かつ威力大幅アップ
[射程:4,範囲:十字1マス.高低差:2]
ジュエル36,即詠唱,回数2
基本虚刻技(付け替え技) アビリティ内容
「退刻」ディガンマ 3ターンマップ全域の対象が受ける素早さバフ・デバフ効果無効
[範囲:マップ全体,高低差:無制限]
ジュエル30,即詠唱,回数2
「陰影」ユークリッド 自身にクロックアップ効果(クロックアップ状態中は魔法攻撃力50%アップ)
ジュエル20,即詠唱,回数2
「氷鎖」フューネラル 範囲内の対象に水属性の魔法攻撃&沈黙・攻撃禁止効果
[射程:3,範囲:十字1マス,高低差:2]
ジュエル32,詠唱速度500,回数3
「霧氷」ノワール 範囲内の対象に水属性の魔法攻撃&3ターン対象のバフ効果無効化
[射程:4,範囲:十字1マス,高低差:2]
ジュエル40,詠唱速度500,回数2
リアクション アビリティ内容
時空操術・無尽ノ鐘 被ダメージ時に確率で最大HP15%分の反撃(最大ダメージ制限5000)&3ターン対象の素早さダウン&スキル攻撃にも発動
[射程:3,高低差:2]
サポート アビリティ内容
逆巻く刻の教え 自身の行動開始時に魔法攻撃力アップ(20回まで重複可)
「虚刻」オーバー 魔攻アップ&魔防ダウン
ぼく

即詠唱アビリティが充実し、中には菱形範囲のものまで。自己CUでターンを回しやすくなるのも嬉しい

各Lvごとのステータス(公式)

[闇]メラのステータス

【新ユニット】怠惰の無刻術師『メラ(ダークファントムver)』登場!より

ステータスはどれも高水準

[闇]メラは、神革ユニットの例に漏れず高いステータスを誇ります。

サポアビが暗歩ながら武具念装無しLv75で4桁の魔攻や、近接アタッカー並の耐久性能に加え、怠惰開眼後はこっそりMoveが5。

攻撃射程も3なので、8マス先の敵まで攻撃でき、ジュエル回収性能はタガタメ随一です。

ぼく

火力計算は魔攻純依存

専用真理念装『無限の罪、その身に』性能

闇メラの念装『無限の罪、その身に』の性能
闇メラの念装『無限の罪、その身に』の性能(限界突破後)

グループスキル名 ステータス(lvl30→40)
ルストブルグの火壁 【対象】ルスト出身&リル
火属性耐性+4→+10
姉弟の紐帯 【対象】ニクス(メラ・闇メラ装備時)
魔攻デバフ軽減+33→+64
雷属性特効+20→+40
【限界到達】範囲攻撃力+10
ヴォイドフロスト 【対象】メラ&闇メラ&リル
HP+327→+640
命中率+7→+16
単体攻撃耐性+6→+13
【限界到達】水属性+10
VA アビリティ内容
フリーズペナルティ 敵に移動後水属性の魔法攻撃&CT半減(限界到達でCT0)
[射程:3,高低差:無制限]
ジュエル36,即詠唱,回数2

「姉弟の紐帯」の属性特効は強力ですが、メラとニクスを同時に編成しなければならない点に注意。

メラにかかるステータス上昇はどれも控えめな印象ですね。

VAではCT調節に使える強力な移動技が使えますが、闇メラ自身もCT半減の移動技持ち。

どちらかといえば、通常メラに装備して取りまわしを良くする念装かも。無理をしてまで引く必要は薄い印象を受けます。

ビジョンクリア報酬「堕刻カイロススフィア」の性能

『無限の罪、その身に』ビジョンクリア報酬堕刻カイロススフィア

装備ステータス 魔攻+50・素早さ+10
睡眠耐性+50・ストップ耐性+50
武具アビ アビリティ内容
時空操術・蒼墜ノ翼 範囲内の対象に水属性の魔法攻撃&対象が物攻ダウン状態の場合威力大幅アップ
[射程4,範囲:正方形1マス,高低差:2]
ジュエル40,即詠唱,回数3
絶刻ファスト マップ出現時に1ターン素早さ40アップ

ビジョンクリア報酬の「堕刻カイロススフィア」は、恒例となった素早さ+10装備。

サポアビで魔攻を伸ばしやすい闇メラには、魔攻+50も嬉しい。さらには、無詠唱で3回使える正方形スキルがアツい。

即詠唱の菱形『「氷落」スティグマ』で物攻ダウンを付与できるため、サポートが無くとも固まっている敵にまとめて特効威力を放てます。

自身で完結しているのはもちろんのこと、傭兵やマルチにて闇メラが複数いると真価を発揮しやすいかと。

罪環・零ももちろん利用可能

闇メラは、ダークファントム共通の指輪武具「罪環・零」も装備可能。

全攻撃が10ずつ上がるほか、開幕から5ターンの間沈黙・スタンを無効化でき、優先して装備するべき武具だと言えるでしょう。

装備ステータスに魔攻+35および素早さ+8があるため、そういう意味でも無理して専用念装まで引かなくていいかな、と。傾向被ってるのよね。

ぼく

同ステータスの武具効果は高いほうだけ反映されます

カイロススフィアは装備できるだけ

通常メラの念装武具である『カイロススフィア(通常)』は、闇メラでも装備こそできるものの、武具アビを発動できません。

上昇ステータスはもちろん優秀ですが、余っていない限りは通常メラに持たせた方が有用なので注意。

ぼく

火メラの貴重な即詠唱範囲攻撃だし

メラ(通常Ver.)との違い

できること 即詠唱の菱形攻撃
割合ダメージ
自然な5マス移動
CT半減の移動技
即詠唱クロックアップ
できないこと オーバークロック
HP/状態異常回復
範囲CTダウン
マップ全域クロック無効
味方へのクロアプ付与

闇メラは、通常メラと比べて「火力」に重きを置いた性能。

魔法ユニットでありながら、豊富な即詠唱スキルでさながら物理アタッカーのような使い勝手を持ちます。

アビリティによって自然と5マス移動になるうえ、攻撃射程は据え置きの3で、最大ジュエルの多さもあいまり息切れすることはありません。

反面、オバクロやクロックアップなど、メラの目玉であった奇術師要素は撤廃。

一部マップで猛威を振るう『「破刻」オメガ』も無くなり、ユニットとしての独自要素は薄くなりました。

通常メラが怠惰開眼で「敵を倒すと自身の魔攻アップ」アビまで手に入れたので、長期戦だとなんなら火力まで負けかねない点には気を付けたい所。

スポンサードリンク

活躍の場を選ばない水魔法アタッカー

闇メラを一言で表すなら、どこでも活躍できる水属性の魔法アタッカー。

耐久・火力ともに高い水準を誇るうえ、アビリティや移動・射程回りも非常に優秀。

割合ダメージやCT軽減スキルとアルカナラットンには高いボス適性が。

開幕から連発できる無詠唱範囲スキルには高い周回適性が。

そして「行動開始時に魔法攻撃力アップ」アビやmove5・射程3には高い長期戦適性があります。(共存には魔攻40%サポアビを切ることになりますが……)

水属性なので、最強魔バッファーの一角『レティシア』と組ませやすいのも○。

ぼく

シンプルだからこそ自己完結しており、無理な念装狙いが必要ない点も嬉しい

通常メラと比べて出来ることは少ない

シンプルなアタッカーだからこそ、持てる役割は通常メラと比べて少ない点に注意。

オバクロをもらう側のユニットではありますが、CT半減技を使いきってしまうと味方のサポートはできません。

通常メラの怠惰開眼にクレバーもどきが付いたのもあり、長期戦に関しては通常メラに一歩譲る印象は否めないというのが正直なところ。

変わったところでは『「退刻」ディガンマ』がマクロスシェリルの対策にもなりそう?

ぼく

まぁアルカナラットンと割合ダメージを同時に使えるだけでアレ感はあるけど

サポアビの付け替えが必要な点には注意

サポート アビリティ内容
逆巻く刻の教え 自身の行動開始時に魔法攻撃力アップ(+6/ターン、20回まで重複可)
「虚刻」オーバー 魔攻約40%アップ&魔防約25%ダウン
怠惰の虚刻 素早さ約5%アップ&移動力+2&移動高低差+1

強力なサポートアビリティ郡を抱える闇メラですが、使いたいサポートアビリティが3つある点には要注意。

純粋な長期火力を取ると移動力が犠牲になったり、小回りを取ると「逆巻く刻の教え」を装備できなかったりと、歯がゆい場面は思いのほか多いです。

「魔攻(ステータス)アップ」と「魔法攻撃力(ダメージ倍率)アップ」に分かれているので、パーティ編成に応じて付け替えるのが有効でしょう。

育成優先度は高い

総じて評価するならば、闇メラは育成優先度の高いユニットです。

一度育ててしまえば様々なクエストに連れて行けるうえ、レベル75で十分実用的な性能であることから、初心者の方は最優先で育成するべき水ユニットでしょう。

ルスト所属であることから配布のレベッカLSが乗りますし、水属性魔法ユニットも粒ぞろいで、念装LSが無くとも活躍できるのも嬉しいポイント。

反面、念装LSを選んで載せられる層のプレイヤーだと、そもそも物理アタッカー環境感があるので優先度は若干下がるかも?

ぼく

でもその層は全員育てるから関係ないか……