スマホゲーム勢の手汗対策!無反応からおさらばする5つのアプローチ

アプリゲーム全盛の真っ只中、夏場の強敵といえばやはり「手汗」。

特に手汗のひどい時って、スマートフォンやタブレットの画面をタップしても反応しないのは日常茶飯事ですよね。

そこでこの記事では、簡単にできて効果のある手汗・無反応対策を、実際のプレイ結果とあわせて4+1つご紹介します。

ガルパやデレステ・スクフェスや荒野行動などで手汗に悩まされているあなたの参考になれば幸いです

ぼく

著者は夏季にスマホをタップすると5mm程度の水溜りができる程度の手汗


【必須】即効果のある手洗い

はじめに手汗対策として、最も簡単かつ効果があったのは石鹸やボディソープを使った手洗い

市販されている洗剤で手首の骨あたりまで洗うだけで、発汗量は目に見えて減少します。

毛穴汚れを排泄しようとする手汗を予防できますし、汚れなどが原因の無反応も予防できます。

あなたが今手を洗える環境にあるならば、まずは手を洗ってみましょう。

ぼく

手品などでも手洗いの重要性は説かれがちですね

手汗対策に有効なもの一覧

手汗に効果があったもの

  • ポリエチレン製手袋
  • ベビーパウダー
  • 手掌用の制汗剤
  • スマホ用指サック
滑り 操作感 反応 コスパ 手軽さ オススメ度
手洗い 3 5 5 5 4 必須
ポリエチレン製手袋 4 3 4 4 5 5
ベビーパウダー 4 4 4 5 3 4
手掌用の制汗剤 2 5 3 1 2 3
スマホ用指サック 3 2 3 2 4 3

さて、いろいろ手汗対策商品を試してみたところ、アプリゲームのタップ無反応に対して有効だったのは4種類。

どれも手汗による無反応頻度が大きく減少し、タップの反応や応答速度に影響を与えにくいです。

デレステのタイミング調整ではどれを使ってもおすすめが「0」だったので、とりあえず1/30秒以上の遅延は発生していない計算。

ぼく

デレステは調整値1=約0.03秒のはず

ただ、それぞれで有用なシチュエーションやゲーム・プレイスタイルが違います

もちろん万全な素手と比べるとデメリットもあるので、実際のプレイ結果画面を交えつつ使用感について紐解いてみましょう。

ポリエチレン製手袋【よく滑る】

ナナシスのシトラスは片想いのポリエチレンプレイ結果

ぼく

判定に影響の無い僅かな遅延

メリット

  • 滑りが非常に良い
  • 素手同様の反応性
  • 安価

デメリット

  • 操作しづらい
  • 耐久性に難アリ

ポリエチレン製の手袋は、スワイプやフリックの機会が多いプレイヤーにおすすめの手汗対策アイテム。長時間ぶっ続けで使う場合にも向いています。

さながら「手を覆う保護フィルム」のようなもので、指で操作するよりもさらにサラサラ

そのくせ薄さのおかげか、保護フィルムのような入力遅延・無反応も素手程度にしか起こりません

さらにはAmazonでも50組100枚で450円(執筆時)と、安価で手を出しやすいのもオススメポイントの1つ。

反面、間接を覆うために指を細かく動かしにくくなる点は少し気になりました。指先の接面積が広くなり、慣れるまではタップしている位置も判りづらいです。

擬似的に指が太くなってしまうので、iPhoneなどのスマートフォンより、iPadなどのタブレット端末向けと言えるかも。

ぼく

「エンボス(凹凸)加工」かつ「パウダーフリー」タイプがおすすめ

手袋はビニール製よりポリエチレン製

衛生用手袋には大きく分けて「ビニール製」と「ポリエチレン製」が存在しますが、個人的なおすすめは「ポリエチレン製」の手袋。

ビニール製はゴム手袋に近く、皮膚に密着して操作しづらいうえ、厚みがあるせいで反応への悪影響が顕著でした。さらに値段も高め

ベビーパウダー【操作しやすい】

ナナシスのシトラスは片想いのベビーパウダープレイ結果

ぼく

入力遅延が最も少ない

メリット

  • 素手同様のプレイ感
  • 発汗量に応じた調整が可能
  • 超安価

デメリット

  • ・継続的な発汗に弱い
  • 端末へのダメージあり

ベビーパウダー(天花粉)は、素早い乱打や同時タップの機会が多いゲームでおすすめの手汗対策アイテム。

指を覆うのは粉だけなので、素手と変わらない感覚で操作できます。

汗疹(あせも)対策にも用いられることが多く、汗全般の対策としては実績がありますね

また、1缶150gで500円しないバカみたいな安さも特徴。2年前に買った缶が、いまだなくなる気配もありません

ただ、継続的に発汗を抑え続けることができない点には注意。

特に汗とベビーパウダーが混ざった液体は最悪の一言で、無反応の素となるうえ、乾くと石膏のように固まります。

画面にこびり付いた場合がもっとも厄介で、布でこする程度では落ちません。定期的に塗布しなおす必要があるので、イベントのランキング狙いなんかには向いていない印象。

ぼく

ドラッグストアやスーパーで買うと安い

余分な粉はふき取る必要あり

ベビーパウダーを手に塗布したあとは、ティッシュなどに指を軽くあて、余分な粉を落とすと操作性が向上します。

粉をつけ過ぎた状態でゲームをプレイすると、手からふるい落とされたベビーパウダーが画面に散らばり、視認性・反応ともに悪い影響を及ぼします。

手掌用の制汗剤(テサラン)【常用しやすい】

ナナシスのシトラスは片想いの制汗クリームプレイ結果

ぼく

滑りすぎないせいかレートが伸びてしまった図(偶然)

メリット

  • 素手同様のプレイ感
  • 外観が素手
  • プレイ毎の準備が必要無い(日中有効)

デメリット

  • 滑りに影響
  • 高単価
  • 汗をかくときはかく

手掌用の制汗剤は、移動中などの出先プレイをメインにしているゲームプレイヤーにおすすめの手汗対策。

4つの手汗対策の中では最も素手に近いのが特徴で、見た目も素手そのままなので、電車やバスでも気兼ねなく使えます。

ただ、手袋やベビーパウダーとは違い、あくまで手汗の発汗量を抑えるだけの道具。

ゲームプレイに伴って手が温まりすぎた場合など、したたるほどの手汗を止める力はありません

また、クリーム状なために素手と比べると指の滑りが悪くなる点も注意。

滑りを例えるなら、手袋がガラス製マウスパッドだとすると、手汗クリームは布製マウスパッドのようなイメージです。

床置きプレイの場合、フローリングなんかだと端末が滑って吹き飛ぶかも。

ぼく

床置きなら滑り止めは別途必須かなと



制汗剤のコストパフォーマンスは悪い

プレイのしやすさと指先の適度な摩擦でスコアが伸びてしまった制汗クリームですが、実のところコストパフォーマンスはそこまで良くありません

例えば著者が実際に使っている手汗用制汗クリーム「テサラン」は、3ヶ月分、価格にしてなんと3,980円。

スマホでゲームをするためだけに買うモノか?と問われると、間違っても首を縦には振れません

スマホ用指サック(YUBISAKI)【疲れにくい】

ナナシスのシトラスは片想いの指サック(YUBISAKI)プレイ結果

ぼく

全ノーツ反応するまでに10回ほどのリトライを要した

メリット

  • 繰り返し使える
  • 長時間プレイしても疲れにくい

デメリット

  • 反応に悪影響あり
  • 指の自由度が低下
  • 洗わないとめっちゃ臭う

スマホ用の指サックは、使い捨ての道具に抵抗感のある方向けの手汗対策

指がスタイラスタッチペンになるような道具で、洗えば何度でも繰り返し使えます

クッション性があり、長時間プレイで指が痛くなりにくいのも好印象でしょうか。

反面、手の静電気をそのまま伝達するわけではないため、細かな無反応が起こりやすいのは難点。

厚手の布地が指を覆うので、指先を曲げる操作も難しくなります

さらにいえば、使ったあとに洗わないでいると手汗がしみこんで恐ろしく臭くなります

指1本分でしか販売しておらず、複数パック購入しなければならないのも残念な点。

ぼく

僕は6つ買って使ってます(高かった)

指サックでは高密度譜面が不可能に近い

指にやさしい布製指サック(YUBISAKI)ですが、先述の通り、指先を頻繁に使う操作は難しくなるので注意。

試しに約2分半で1,700ノーツ程度の乱打譜面を1プレイずつ触ってみたところ、素手では6ミスだったのに対し、指サック装着では62ミスでした

o2jamUのOverthehorizonをYUBISAKI装着でプレイした結果

操作感は悪くないうえに、指先への負担は大きく減るので、イベント周回などの長時間プレイにこそ向いている商品だと思います。

ちなみに、FPSプレイヤーの評判は悪くない……らしいです。親指操作なら2本買えば済むし。

ぼく

検証に使ったゲームは別記事でも紹介している「o2jamU」

スポンサードリンク

手汗対策の有効な組み合わせ

滑り 操作感 反応 コスパ 手軽さ オススメ度
粉+手袋 5 3 3 4 3 4
粉+制汗剤 4 4 1 1 2 2

先に紹介した手汗対策用アイテムは、組み合わせて利用しても効果を発揮します。

個人的に実用しているのは、上記の2つ。

特にベビーパウダーは汎用性が高く、困ったら粉を追加しておけば間違いはありません。

ベビーパウダー+手袋【滑り最強】

ナナシスのシトラスは片想いの手袋+ベビーパウダープレイ結果

ぼく

遅延は無いけどたまに反応があやしい

メリット

  • めっちゃ滑る
  • 耐久性が向上
  • ベビーパウダーが固まらない

デメリット

  • 反応に若干悪影響あり
  • 画面が粉だらけ

著者が手汗による無反応対策として常用しているのは、手袋の上からベビーパウダーを少量塗布する組み合わせ

手袋着用でプレイし、滑りに違和感が出始めたらベビーパウダーを塗布しています。

手袋で手汗を防いでいるので、ベビーパウダーが手汗で固まる心配もありません。

それぞれの単体利用と比べて無反応は増えるので、指サック同様にフルコンよりも周回プレイ向き

ぼく

画面が白くなるのもご愛嬌

ベビーパウダー+制汗クリーム【素手感覚】

ナナシスのシトラスは片想いのテサラン+ベビーパウダープレイ結果

ぼく

反応しないのでフルコンは諦めました

メリット

  • 素手の感覚に近い

デメリット

  • 無反応頻発

周回プレイ中の手汗には、制汗クリーム(テサラン)ベビーパウダーの併用もアリ

制汗クリームで上がった摩擦係数をベビーパウダーで下げると、かなり素手に近い感覚で操作できます

ただ、他の方法と比べて、何故か無反応が頻発します。オート機能や動画などを交えた練習におすすめ。

当記事のリザルト画面について(ナナシス)

ナナシスのシトラスは片想いの冬場サラサラ素手プレイ結果

ぼく

サラサラ素手プレイ結果。グラフがFASTに寄っている=普段はせっかちタップの傾向

道具で手汗を抑えた場合のデメリットを客観的に確認するツールとして、当記事ではリズムゲームアプリ「tokyo7thシスターズ」のリザルト画面を利用しています。

「タップタイミング傾向」が偏っているようなら遅延が発生していますし、グラフが平たいならば反応が安定していない……といったように読み解いていただければ。

利用端末 iPad mini 4
プレイ楽曲 シトラスは片想い(EX/lv18)
▶譜面動画(youtube)

スポンサードリンク

わき毛の処理も手汗に効果あり

ちなみに、手先以外での手汗対策としては「わき毛の処理」も効果がありました。

手先へ流れる血液は必ず腋を通るので、風通しを良くすると、結果として手が熱くなりにくい様子。

かみそりやヒゲそりなどで剃っても良いですし、腋を傷つけたくない場合は、表面に出ている毛だけを溶かす「除毛クリーム」という商品もあります

ぼく

著者は剃ってます

おすすめ対策は「ポリエチレン手袋」

以上が、4つのスマホゲームに対する手汗によるタップ無反応対策でした。

中でもおすすめは、ずばりプラスチック手袋

滑りがよく、手汗を追加でかいても反応し続けるので、短時間プレイ・長時間プレイともに効果を実感できるはずです。

ちなみに、万が一にも「ポリエチレン手袋」などを試したうえで反応しない場合、無反応の原因は手汗ではないかもしれません。

ガルパの攻略記事で触れた「滑り止めマット」を使ってみたり、端末によっては致命的な悪影響を及ぼす「保護フィルム」を剥がしてみたりすると、あっさり改善することも。

ぼく

中古端末の保護フィルムを剥がしたら、キビキビ動くようになった経験があります