昨今よく見かける「語彙力」という単語。

読んで字のごとく語彙の豊富さを表す指標なのですが、著者にはどうにも違和感が拭え切れません。

「語彙力」ほど語彙の乏しい言葉も無いだろってな印象すら受けてしまう……というのが今回のお話。

とはいえデジタル大辞泉にも掲載されている単語なので、あくまで著者が日本語そのものにイチャモンを付けているだけだということは念頭に置いていただければ幸いです。

ぼく

書きたい事を書くサイトなので何卒ご了承ください

『―力(りょく)』とは

  1. 肉体的、精神的なちから。「握力・学力・気力…」
  2. その物に備わる働きや勢い。「圧力・引力・火力…」
  3. 力を尽くす。つとめる。「助力・努力」

そもそも○○力というのは、3つの意味を持ちます。

その中で、語彙力に使われている力の意味は上記引用の2番。○○する力や能力・度合いに該当します。

行動力であれば行動する力。攻撃力であれば攻撃する能力。――といったように、単体では「する」「しない」でしか別けられないような単語を、どれだけするのか仔細に表すために装飾する言葉なのです。

つまり「○○」には主に行動や運動が入ります。もちろん自ずと「―する」を接続しても違和感の無いものになるでしょう。

『語彙』はすでに指標である

  1. ある言語、ある地域・分野、ある人、ある作品など、それぞれで使われる単語の総体。「語彙の豊富な人」「学習基本語彙」
  2. ある範囲の単語を集録し、配列した書物。「近松語彙」

対して、『語彙力』にて指標化されている『語彙』という単語ですが、これは単体で「量」を表す指標としての役割も担っています

引用文における「語彙の豊富な人」などからもわかるはず。「語彙が豊富」「語彙に欠ける」などの表現を見て、違和感を感じる方は僅かなのではないでしょうか。

スポンサードリンク

指標に『―力』を付けるのはおかしいんでない?

ここでようやく本題。

指標を表す熟語へさらに『―力』をつけてしまうと、重複表現なんじゃないの?と著者はどうにも感じてしまうのです。

これは、語彙と同様に「豊富」「乏しい」が自然と繋がる熟語を使うと伝わりやすいはず。

例えば、『経験』。例えば、『種類』。

「経験力」なんて出版物にあれば違和感バリバリですし、「種類力」なんて間違っても使いませんよね

……でも辞書には載ってんだよなぁ

……という流れで『「語彙力」なんて言葉を使ってる奴は語彙が貧弱www』みたいな煽り記事にしようかと思ったんですよ。

ただ、著者の思考だけをまとめて書いてもマジでただの煽り記事になっちゃいます。

んだらば情報ソースとして辞書からの引用をしようと、まぁ手軽なデジタル大辞泉を見て見たんですよ。

そしたらさ、いや、載ってんだけど。語彙力。

その人がもっている単語の知識と、それを使いこなす能力。「語彙力が高い」

ぼく

まじ?

広辞苑や大辞林と比べてもカジュアルな国語辞典のデジタル版とはいえ、世論的に見れば立派な国語辞典ではあるはず。

少なくとも著者より国語に弱いということは無いですから、今回は著者の敗北と相成りました。

広辞苑には載ってないし出版物でも見ない

せっかくなので申し開きまで記述しておきますと、この「語彙力」という単語、第六版の広辞苑には掲載されていません。

とはいえ、その論法で行くと「行動力」すら掲載されておらず、そもそもこの記事全体が破綻することに。

……一応、膨大な出版物データが蓄積されている青空文庫内で『語彙力』と検索しても、ヒットする作品は1つもありませんでした。

『語彙力』で青空文庫を検索した結果

「行動力」どころか「攻撃力」ですら数件該当するコンテンツ量での検索結果なので、言うて出版では使われないような単語なのかな?とも思います。

ぼく

とりあえずこれからも使うことはなさそう

スポンサードリンク

日本語ってむずかしいね!

結局、行きつくところはいつもココ。日本語ってむずかしいんだなあ。

そもそも言葉の目的なんて情報の伝達なワケで、ぶっちゃけ単語や文法が正しいからどうってんだって話もありますしね。

言葉として間違っているから否!と言い切ってしまうと、標準語以外の方言や文化どうなんだって話にもなりますし。

普段使いの挨拶である「こんにちは」だって、元は長文の略でしょうよ。それが今となっては日本の超基本的な挨拶となってしまう以上、是正よりも流れに乗っかるのが正しい言語との付き合い方なのかも?ってことで〆。